マイクロスコープー CT 治療のメリット

見えないところが見える

 当院でおこなっている顕微鏡治療には、高倍率で虫歯を見ながら治療できるので最少の削る量で虫歯治療できるメリットがあります。

虫歯で削った穴を段差なく確実に封鎖することは、治療部位の虫歯の再発予防にはとても有効です。歯科用マイクロスコープを使用した顕微鏡治療では削った穴を詰める際も高倍率で処置をおこなうことで、肉眼ではわからないような、わずかな段差もないようにきれいに虫歯治療をすることができます。

抜いていた虫歯を抜かずに治療できる

 近年、根管治療は劇的な進歩を遂げましたそれは、ニッケルチタンファイルと歯科用マイクロスコープの登場によるものと言われています。

従来は根の治療は手探りでおこなっていました。当院では、歯科用マイクロスコープとCT画像とニッケルチタンファイルを併用し治療を行っています。これによりCTの3次元データを基に複雑な歯の内部を拡大視して治療が出来るようになりました。従来では抜歯していた症例でも、中には歯を抜かずに治療できるようになりました。

 

アメリカでは1998年に歯の根の治療の専門医には、マイクロスコープを使うことが義務づけられています。

当院では世界トップクラスの信頼性を誇る

カールツアイス社製のマイクロスープを導入し、精度の高い治療を心がけております。

一部の治療で保険適応になっています