歯科金属について

近年、金属アレルギーが心配されるようになりましたが、歯科治療材料は金属が主流な傾向にあります。金属材料以外にも白いレジンという詰め物があります。見ためは白く、治療も早くとても良いのですが、金属と比べて傷がつきやすく、欠けやすいという欠点があります。傷ついたレジンは、細菌の繁殖やひどくなると口臭の原因にもなります。歯というのは毎日食べ物を噛み砕くために重労働させるものですから、簡単に傷ついたり折れたりしてはいけません。結局、保険適応の治療では金属が非常に有用な治療材料という事になります。

金属アレルギーはどんな症状かご存知ですか?

写真に示すような皮膚症状が報告されています。多くは原因不明の皮膚炎や蕁麻疹、水虫などと間違われているそうです。手や足に出ることが多く、喉や全身に出ることもあります。

 

なぜ起こるのでしょうか?

 実は食事に含まれる金属イオンや身に着けるアクセサリー、金属製の食器、そして口の中の歯科金属などが原因と言われています。日々、体内にたまった金属イオンが一定量を超えると、誰にでも発症する可能性があります。皮膚がかゆい、肌がただれる、全身がかゆくて眠れない、人前に顔を出せないなど、一度起こってしまったら、その苦痛は想像つきません。また、治療するのに膨大な手間と費用を要することになります。最近の健康意識の高まりとともに、体に必要な金属をどのように、どれくらい摂取すればいいのか、食品をはじめ過剰な金属イオン摂取に対しての注意が必要になってきています。

金属アレルギーを判定する方法には、パッチテスト、皮内テスト、LST(リンパ球刺激試験)、血液検査などがあります。
※検査は、最寄の皮膚科や総合病院などをご紹介します、ご相談ください。