歯周病は生活習慣病の一つです

 歯周病は歯の周りの骨が溶ける病気で、歯を失うもっとも多い原因です。また、歯茎だけでなく全身にも影響しています。歯周病は適切な治療を行えば進行を抑えることが出来る病気です。初期の治療やメンテナンスを受けることで、自分の歯でおいしく食事ができる可能性を高めましょう

・進行すると歯が抜けてしまう

日本人の成人の80%がかっている病気で歯を失う一番多い原因が歯周病によるものです。歯周病とはプラーク(細菌の塊)によって歯の周りの骨が溶け、歯が揺れたり、歯茎が腫れたりして、最終的には歯が抜けてしまう病気です。初めの段階では症状が無い為に’気づかないうちに進行してしまいます。

・生活習慣病である

20代後半から始まる歯周病、進行を止めるには生活習慣を整えることも大切です。歯周病を改善できれば体全体の健康の維持にもつながります。また治療だけでは歯周病は治りません。あなたの生活習慣はだいじょうぶですか?、例えば食事や甘いもの、たばこストレス等の習慣見直しましょう

・プラークを落とす

若い時は免疫力が高いためにプラークが歯茎に侵入してきても、歯茎が腫れる程度(歯肉炎)です。年齢とともに免疫力が衰えるとプラークの侵入で骨まで溶かしてしまいます。これが歯周病です。免疫力が下がった分デンタルフロスやメンテナンスで体の抵抗力を助けてあげる必要があります。

私たちがあなたの歯と健康を守ります
私たちがあなたの歯と健康を守ります