歯周病は全身に影響する病気です

 歯周病は歯の周りの骨が溶けて、歯が抜けるだけでなく、全身にも影響する病気です。

歯周病は適切な治療と生活習慣の改善を行えば進行を抑えることが出来る病気です。

定期的なメンテナンスや予防処置について

お気軽にご相談ください

ご相談は 

082-889-6480

・進行すると歯が抜けてしまう

日本人の成人の80%がかっている病気です。

歯を失う一番の原因です。

歯周病とはプラーク(細菌の塊)によって歯の周りの骨が溶け、歯が揺れたり、歯茎が腫れたりして、最終的には歯が抜けてしまう病気です。 

初期症状が無い為に気づきのが特徴です。

・生活習慣病である

20代後半から始まる歯周病、進行を止めるには生活習慣を整えることが大切です。

歯周病は全身にも影響するため、それ改善は体全体の健康の維持にもつながります。

歯科治療だけでは歯周病は治りません。

あなたの生活習慣を整えることが大切です。