こんな症状がありませんか?

1.大きなイビキをかく

2.睡眠中に呼吸が止まっていると指摘された

3.昼間、眠くなることがある

  (居眠り運転、会議中にうとうとしてしまう)

4.朝起きたとき、疲れが残っている感じや頭痛がある

5.若い頃より、体重が増えて、顔つきが変わった

6.メタボリックシンドロームの傾向がある

もしかしたら、睡眠時無呼吸症候群かもしれません

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。

寝ている間の無呼吸に私たちはなかなか気付くことができないために、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると推計されています。

この病気が深刻なのは、寝ている間に生じる無呼吸が、起きているときの私たちの活動に様々な影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクが生じる可能性があるのです。

近隣耳鼻科と連携しております、ご相談ください