海外の歯科医院2

先日、フランスの歯科医院、薬局を視察、訪問しました。現地では、いろいろ貴重なお話をお伺いできました。

こちらでは少々の病気では患者さんは病院に来ないそうです。日本のように国民皆健康保険制度がない事と、約20%という高い消費税率のため、倹約生活をしている人が多く、風邪などの病気の場合も含めて、まずは薬局に行き薬を買ってしのぐのが一般的だそうです。

 薬局は非常に生活に密着した存在で、薬の処方・販売のみならず、地域の方が採ってきた野生キノコの選別もしていました。薬剤師は菌類の勉強をしているため、食べられるものか毒キノコか見分ける知識もあるそうです。

秋というと、日本なら紅葉のシーズンでみな上を向いて歩きますが、フランス人はとてもキノコ好きなので、下を向いて歩いている人を良く見かけます。

 さて個人の歯科医院は多くのところが一日に数名の方の治療しかしないそうです。何気ないアパートの一室に治療台があるといったアットホームなものでした。

海外どこもそうですが、治療費は日本と比べるとかなり高額なので、この規模でも全く問題ないそうです。

 

現在、広島大学歯学部は世界に通じる歯科医の育成を目指して、いろいろな活動を行っています。興味のある方はお気軽に私にお尋ね下さい。